このサイトはフリーライター福住 護のオフィス"FLYINGJUNK"が運営しています。

FLYINGJUNK.NET

アナリティクス

Googleアナリティクスに新しいサイトの設定を追加する

更新日:

新しく作成したサイトにGoogleアナリティクスを設定したので、その手順を紹介します。

タグの設置自体はGoogleタグマネージャーを使うので、ここではGoogleアナリティクスでの解析に必要なトラッキングIDを新たに発行する手順と、自宅からのアクセスを解析結果から除外するためのフィルタ設定について紹介します。

 

Googleアナリティクスにサイトを追加する

今回作成したサイトは、ルートドメイン"flyingjunk.net"の下にサブドメインとして追加しています。

そのためGoogleアナリティクスでは、ルートドメイン以下の全サイトに対してまとめて解析を行えるように既存のアカウントに対して新たなプロパティを追加しています。

新規サイト用にトラッキングIDを発行

step
1
Googleアナリティクスの管理画面に入る

まず、Googleアナリティクスの既存アカウントを利用してログインします。

Googleアナリティクス管理画面

Googleアナリティクスの管理画面に入ります。

Googleアナリティクスにログインしたら、左下の[管理]をクリックします。

step
2
プロパティを追加

ルートドメインと各サブドメインを切り分けて解析できるように、それぞれ別のプロパティを登録しているので、新しいサイトに対してもプロパティを追加します。

新しいプロパティの追加

新しいサイト用にプロパティを追加

すでに作成してあるGoogleアナリティクスのアカウントにサイト設定(プロパティ)を追加するので、中央の[プロパティを作成]ボタンをクリックします。

step
3
プロパティ設定を登録する

プロパティの設定

サイトの識別名、URLなどを登録します

トラッキングの対象で「ウェブサイト」を選択。
サイトを識別するための名前、URL、業種、タイムゾーンを指定したら[トラッキングIDを取得]ボタンをクリックします。

step
4
トラッキングIDの発行

これでトラッキングIDを含むGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のタグが発行されます。
タグの設置自体は、Googleタグマネージャで行うので、UA-で始まるトラッキングIDだけコピーしておきます。

 

除外用フィルタを設定する

プロパティの作成が終わったので、ここからGoogleタグマネージャーに登録してもいいのですが、ついでですから自宅からのアクセスをGoogleアナリティクスで計測しないように、フィルタ設定を登録しておきます。

フィルタを設定することで、自宅から自分のサイトにアクセスした場合に解析対象に含めないようにします。

今回の設定では、自宅からのインターネット接続で使われているIPアドレスをもとにフィルタを登録します。IPv6で接続しているため、IPv6アドレスを対象から除外するように設定します。

IPアドレスを確認する

フィルタを設定するには、まず自宅からのインターネット接続に使われているIPアドレスを特定する必要があります。

私のオフィスはIPv6接続なので、IPv6のアドレスをチェックします。

step
5
IPアドレスチェック用ページへアクセス

IPアドレス確認

トラッキングから除外するIPアドレスを調べます

「IPv6 確認」などで検索してチェック用サイトへアクセスします。

step
6
テスト結果をコピーしておく

IPアドレス判定結果

IPv6の場合、前半4ブロックの値だけをコピーしておきます。

今回テストしたページではIPv4とIPv6の両方のアドレスをチェックできます。
ただし、IPv6で接続している場合はIPv4のアドレスは不要です。

IPv6のアドレスは8つのブロックの数字で構成されていますが、後半の4つは随時変化しているので、実際の設定に必要な前半の4ブロックだけをコピーしておきます。

IPv4接続の場合は、4つのブロックすべての値をコピーしておきます。

 

除外用のフィルタ設定を追加する

IPアドレスの確認が終わったら、Googleアナリティクスのページに戻ります。

step
7
フィルタ管理画面にアクセス

Googleアナリティクスにフィルタを登録

ビュー設定でフィルタを追加します

「ビュー」グループで「フィルタ」をクリックして、フィルタ設定を追加します。

step
8
フィルタを追加

フィルタ追加ボタンをクリック

フィルタ追加ボタンをクリックします

新しいサイトのプロパティにはまだフィルタが登録されていないので、[フィルタを追加]をクリックします。

既存のフィルタを流用

すでに登録済みのフィルタを流用します。

以前に作ったサイトで、すでに自宅からのアクセスを除外するフィルタを作ってあるので、今回はそれを流用します。

「既存のフィルタを適用」を選択すると、他のサイトで使っているフィルタの一覧がでてきます。今回はどれも同じ設定なので、適当に選んで[追加]ボタンをクリックします。

step
10
フィルタを登録

フィルタの登録

フィルタを登録したら[保存]をクリック


フィルタの登録が終わったら[保存]をクリックします。

step
11
フィルタ一覧画面

追加されたフィルタ

流用したフィルタが追加されました

フィルタ一覧画面に戻ると、追加したフィルタ名が表示されています。

step
12
フィルタの内容を確認

フィルタ設定の確認

念のため正しく登録されているか確認します

設定したフィルタの内容を確認してみます。

  • フィルタの種類:定義済み
  • 除外、IPアドレス、前方が一致

IPアドレスのテキストボックスには、先ほど確認したIPv6アドレスの前半4ブロック分が登録されています。

フィルタを新規で作成する場合も、同様にIPv6アドレスの前半4ブロックをここにペーストして保存してください。

IPv4接続の場合は、4つのブロックすべての値をペーストして、完全一致で設定してください。

 

タグマネージャへの登録準備完了

以上で、新たなGoogleアナリティクスプロパティの作成とフィルタ設定は終わりです。

次は、ここで作ったプロパティをGoogleタグマネージャに登録します。

 

-アナリティクス

Copyright© FLYINGJUNK.NET , 2019 All Rights Reserved.